海外旅行の持ち物・必需品の準備なら[旅具]

HOME > 海外旅行記 > 海外旅行グルメ[珍味編] > キャビア

キャビア

チェコ・プラハの天文時計チェコ・プラハのレストランにて。

天文時計がある旧市街の広場で、大道芸などをボケーっと鑑賞していると、日本人のオジサンに声を掛けられました。

そのオジサン、公務員でありながらパチプロで、片手間で稼いだ“あぶく銭”だけ持って、着替えも何も持たずに「手ぶら」でチェコくんだりまでやって来たらしく(シャツが黒ずんでたよ・・・)、行き当たりばったりで五つ星ホテルを泊まり歩いているとのこと。

「どうせ“あぶく銭”なんだから何でも好きなもの奢ってあげるよ」とオジサンに誘われて、近くのレストランに入りました。

「せっかくだから一番高いのにすれば?」とまで言われたので、お言葉に甘えて、その店で一番高かったキャビアとステーキをオーダーしました。


まずはキャビアが運ばれてきました。氷が張られた器の真ん中に、ビンごとデーンと鎮座しています。さすがは世界三大珍味のひとつと崇め奉られてるキャビア様、貫禄十分です。

粒の大きさは小さめの正露丸くらい。黒くて艶があります。レモンを軽く振りかけて、スプーンですくって、パンに適量乗っけていただきます。

スポンサードリンク



キャビア キャビアの食感

キャビアはチョウザメの卵なので、イクラとか数の子の親戚みたいなものなんだけど、イクラほどやわらかくはなくて、数の子ほどかたくもないです。その中間くらい?

キャビアの味

こってり濃厚なコクがあって、非常に奥行きが深いです。イクラのような感じだけど、イクラが醤油漬けであるのに対し、キャビアは塩漬け。キャビア独特のなんともいえない風味・クセがあって、まさしく珍味。美味いです。

ただ・・・塩漬けなだけに塩分が多めでこってりしているので、一度にたくさんは食べられません。

結構大きなビンだったので、オジサンにもすすめてみたけれど、いらないと言われました。奢ってもらっといて残すのも失礼なので、結局一人でひとビン全部食べました・・・(うぐぐっ、胸ヤケしそう・・・)。

そこへ、ボリュームたっぷりのステーキが・・・(泣)。

キャビアの総評

(4つ星):東欧〜ロシアを訪れる機会があれば、ぜひトライしてみてください。

楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazonで探す

※輸入モノの瓶詰なら日本で食べても味は変わりません。値は張りますが。
※粒の小さなランプフィッシュの卵は偽物(代用品)です。

スポンサードリンク





海外旅行グルメ[ゲテモノ編]

蜘蛛(タランチュラ)の唐揚げ孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご犬の焼肉・犬の兜焼きコオロギの唐揚げタガメの唐揚げ芋虫(いもむし)の唐揚げ蛙(かえる)の唐揚げコブラのステーキニシキヘビのステーキワニのステーキ焼きカブトガニ亀虫(かめむし)のふりかけ蟻(アリ)の卵のスープイグアナの丸焼き


海外旅行グルメ[珍味編]

キャビアフォアグラのソテードリアン




海外旅行持ち物リスト海外一人旅基礎知識海外旅行記海外旅行おすすめ本旅人プロフィール海外旅行情報リンク