海外旅行の持ち物・必需品の準備なら[旅具]

HOME > 海外一人旅基礎知識 > 海外旅行中の洗濯方法

海外旅行中の洗濯方法

中級以上のホテルならちゃんとしたランドリー(洗濯)サービスがあるけれど、中・長期海外旅行でそういうホテルを泊まり歩く人は少ないと思うので、ここでは格安ホテルやゲストハウスの利用を前提としますね。

ホテル・ゲストハウスで

格安ホテルやゲストハウスでは、ランドリーサービスはないのが普通です。でも、頼めば有料(料金はケースバイケース)でやってくれるかもしれないし、そうでなければ近くの洗濯屋を紹介してくれるでしょう。

洗濯屋で

人が服を着ている限り、世界中どこにでも洗濯屋というものはあります。ある程度の先進国ならコインランドリーもあります。

洗濯の料金は、種類ごとに細かく(あるいは大雑把に)設定してあるか、重さで(○キロでいくらとか)決めるかのどちらかです。

注意事項としては、油性マジックで名前とか印とかを書かれる場合があるので、汚されて?困るものは出さないこと。

それと、洗濯屋といっても後進国では洗濯機とは限らず、手洗いの場合もあります。手洗いの方が汚れはよく落ちる反面、乱暴にガシガシやることも多く、傷みやすかったりします。

自分で

節約したいなら、自分で洗濯するのがいちばん安上がりです。僕もそうだったけど、長期旅行者のほとんどは自分で洗濯(手洗い)しています。何せ時間だけはたっぷりあるので。

それに、下着なんかは洗濯屋に出しにくいので、結局自分で洗濯するのは避けられないと思います。手洗いの方法までは解説しませんが、毎日やってればイヤでもできるようになりますよ(笑)。

スポンサードリンク


洗面台で手洗い 洗濯する場所

ホテル・ゲストハウスで洗濯機が使えるケースはほとんどないので、基本的にすべて「手洗い」となります。洗濯する場所はとくに決められてないことがほとんどなので、普通は洗面台ででゴシゴシ洗います。小さいものならシャワーだけでもなんとかなります。

洗濯洗剤

種類は何でもOKです。どこでも簡単に手に入るので、なるべく小さいパッケージのものを買い足していくと良いです。切らしたときは普通の石鹸でも代用できます。

洗濯ものを干す場所

とくに決められてないことがほとんどなので、適当な場所(大抵は部屋の中)に持参のロープを張って干します。

洗濯ものを干すロープ

ロープの種類は何でもOKだけど、なるべく軽くて丈夫でかさばらないものがいいので、理想的なのはズバリ「釣り糸」です。

アドバイス

実際に手洗いしてみるとわかるけど、厚手のものを洗濯するのは非常に骨が折れます。それに、乾きにくいです。従って、衣類はすべて手洗いすることを前提に、なるべく薄手のものを用意することをおすすめします。素材的には、木綿よりも化繊の方が洗いやすいし乾きやすいしシワにもなりにくいです。

ジーンズを手洗いするのは本当に大仕事です。それに、なかなかうまく洗えません。あまりにも大変なので、僕もジーンズだけは時々洗濯屋に出していました。


▽ サイト内関連ページ
洗濯洗剤・釣り糸

スポンサードリンク





海外一人旅基礎知識

目標の設定・達成方法ルートの選択・作成方法パスポートの申請・更新方法ビザの申請・取得方法海外旅行の費用見積方法海外旅行の所持金分配方法外貨両替手数料を安くする方法荷物のバックパッキング方法飛行機の搭乗方法(乗り方)海外旅行中のPC・写真バックアップ方法海外旅行中のメール管理方法海外旅行中の貴重品管理方法海外旅行中の洗濯方法海外で格安ホテルを歩いて探す方法海外でチケットを購入する方法海外で値引きを交渉する方法長期海外旅行で免疫力を高める方法




海外旅行持ち物リスト海外一人旅基礎知識海外旅行記海外旅行おすすめ本旅人プロフィール海外旅行情報リンク