海外旅行の持ち物・必需品の準備なら[旅具]

HOME > 格安航空券

格安航空券の選び方

今どき海外旅行に格安航空券やLCCなんて常識だけど、実は格安で半年以上とか長期間有効な往復航空券ってほとんどなくて、よく見かけるのは有効期限が数日しかない短いものばかりです。仮に有効期限の長いチケットが見つかったとしても、最安チケットの何倍もの料金だったりします。

・・・じゃあ、数ヶ月とか数年とかの長期旅行を格安にしたい場合はどうすればいいの?

次の4つの選択肢があります。
  1. 有効期限の長い往復航空券を利用。
  2. 片道航空券を利用。
  3. 格安航空券やPEX航空券の往路だけ利用して復路を破棄。
  4. LCCを利用。
    ※LCCには往復という概念がないため、基本すべて片道扱い。
旅行期間や時期、行き先、航空会社等にもよるので一概には言えないけれど、一般的には・・・
  1. かなり高め。最長1年間有効のものがある。
  2. 往復の格安航空券より若干安いか同程度。逆に往復より高くなるケースも珍しくなく、片道の設定自体がないことも多い。
    ※ビザ免除の国でもビザが必要になる場合がある。
  3. 旅行会社の規定により破棄できない場合も多々ある。
  4. 路線は限られるが、一番安いことが多い。ただし、直前だとFSC(従来の航空会社)と変わらないくらい高くなるケースもある。
    ※ビザ免除の国でもビザが必要になる場合がある。
・・・という"傾向"がみられます。

まとめ

旅行会社によって得手不得手な地域・航空会社があったり、期間限定でキャンペーンをやっていたり、出発時期等によってもかなり左右されるので、どこが一番安いとか一概には言えません。また、格安航空券には子供料金の設定がないことも多いので、子供の人数によっては航空会社直販のPEX航空券(正規割引運賃)の方が総額ではお得になる場合もあります。安さにこだわるなら、とにかく徹底的に調べて自分で比較してみるしかありません。

「燃油サーチャージ」「航空保険特別料金」についてのご注意

厳選!おすすめサイト

旅行会社・航空会社 サイトの特徴
HIS(エイチ・アイ・エス) 格安航空券の草分け的旅行会社〜『エイチ・アイ・エス』!
※バックパッカーに最適です。
エアトリ(旧DeNAトラベル) LCC(格安航空会社)と海外発航空券なら〜『エアトリ(旧DeNAトラベル)』!
※バックパッカーに最適です。
楽天トラベル ANAのマイルに移行できる楽天スーパーポイントが貯まる〜『楽天トラベル』!
※楽天ユーザー・ANAマイラーに最適です。
日本航空 航空会社直売で安心の正規割引航空券なら〜『日本航空(JAL)』!
※長期滞在者・JALマイラーに最適です。

「燃油サーチャージ」「航空保険特別料金」についてのご注意

機内からの眺め「燃油サーチャージ」とは、世界的な航空燃油価格の高騰にともなう負担の一部を利用客に転嫁したもので、「燃油特別付加運賃」「燃料油価格変動調整金」などとも呼ばれます。数ヶ月おきに見直しがあり、燃油価格(シンガポールケロシン)が一定水準を下回れば段階的に引き下げ〜廃止されますが、燃油価格が上昇を続ければ段階的に際限なく引き上げられていきます。

「航空保険特別料金」とは、米国同時多発テロ以降の航空保険料の引き上げにともなう負担の一部を利用者に転嫁したものです。航空会社に対する保険の掛け金ですので、利用客は保険料を負担するだけで、この保険による保障は何もありません。

しかしながら、「燃油サーチャージ」と「航空保険特別料金」は、どちらも航空券購入の際に航空券価格とは別に必ず支払わなければならないものです。航空券価格以外にかかるものは他にも「空港使用料」「出入国税」などがあり、これら諸税の総額がばかにならない金額になることもありますので、予算見積り・価格比較の際には注意が必要です。

尚、諸税の具体的な徴収料金は、航空会社、路線、旅行会社によって(さらには日によっても)マチマチで一律ではありませんので、価格比較の際には必ず航空券価格に諸税を含めた“総額”で比較するようにしてください。

LCC(格安航空会社)の落とし穴

LCCLCCとは、「Low cost carrier」(ローコストキャリア)の略で、日本では「格安航空会社」とも呼ばれています。従来の航空会社(FSC:Full Service Carrier)がサービス過剰であるのに対し、LCCは徹底的なコストカットとサービスカットによって低価格を実現した航空会社です。料金だけ見ると非常に魅力的に思えるのですが、様々な落とし穴・デメリットがあるので注意が必要です。

LCCは不定期のキャンペーンで極端に安い料金を出していることがよくあり、数カ月も先の旅程をこのキャンペーン料金で購入し、予定通りの便に乗れる人なら利用価値はあるでしょう。しかし、直前にしか旅程を決められない人が通常料金で購入する場合は、FSCよりほんの少し安い程度で、(FSCでは無料の)預け荷物や座席指定などの追加料金を払うと結局はFSCと大して変わらない金額になってしまうことも少なくありません。

また、LCCは少ない機材でやりくりしているため欠航・キャンセルが多く発生しがちで、そうなった場合の保障は一切ありません。次の便には乗れるとしても、それが数日〜1週間後なんてこともあります。そのためにその先の乗り継ぎ便に乗れなくなったとしても、もちろん保障はありません。その点、上で紹介しているようなFSCの格安航空券であれば、突然の欠航には高級ホテルと食事が無料で提供され、(通しで発券していれば)乗り継ぎの保障もあります。

スポンサーリンク


航空会社アライアンス別サイト一覧



エービーロードHIS楽天トラベルニュージーランド航空ジャルパックルックJTB日本旅行ANA SKY WEB TOURユーラシア旅行社トップツアーDeNAトラベルイーツアー

マイルが貯まるポイント・マイルが貯まるポイントが貯まる格安ビジネスクラスPEX航空券激安航空券&激安ツアー一覧




持ち物リスト一人旅基礎知識海外旅行記おすすめ本



運営者情報 お問い合わせ リンク プライバシーポリシー サイトマップ