海外旅行の持ち物・必需品の準備なら[旅具]

HOME > 海外旅行記 > 海外旅行グルメ[ゲテモノ編] > 孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご

孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご

ベトナムのあひるのたまご屋さんカンボジア&ベトナムの路上にて。

食べると精がつくと云われていて、夕方頃から屋台が出ます(笑)。『孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご』専門の屋台です。

一見普通のゆでたまごにしか見えませんので、知らずに頼んだら腰を抜かすかもしれません。心臓の弱い方はくれぐれもご注意ください。

オーダーすると、付け合せの香草(ミントなど)・調味料(塩こしょう&ライム※甘辛いソースの場合もあり)を添えてサーブされますので、スプーンを使ってお上品に?食します。


カンボジア・プノンペンの孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご『孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご』の正しい食べ方

1. たまごの上部の殻をスプーンが入る程度に割ります。※右の写真では撮影のため(笑)やや大きめに割っています。

2. 割ったところへ、あらかじめ混ぜておいた調味料を少量すくってかけ入れます。

3. 軽くかき混ぜてから一口食します。お口直しに香草を少々。

4. 2と3を繰り返します。できかけの目玉やらが出てきても取り乱さず、涼しい顔をしてグチャぐちゃグチャっとかき混ぜて食します。香草も適宜。

スポンサードリンク



孵化しかけの家鴨(あひる)のたまごの食感

“成熟度”によって異なり、成熟したものほどコリコリとした食感が楽しめます。まだ黄身がかなり残っている未成熟のものから、目玉や羽、足などがハッキリしている孵化寸前のものまで、幅広くあります。

孵化しかけの家鴨(あひる)のたまごの味

やはり“成熟度”によって異なるけれど、通常のゆでたまごよりもはるかにコクがあって美味く、調味料・香草とのバランスがまた絶妙です。

未熟すぎるものや成熟しすぎたものは今ひとつなので、ほどよく(70%くらい)熟したものがおすすめです。といっても、割ってみないとわかりませんけどね。

孵化しかけの家鴨(あひる)のたまごの総評

(5つ星):機会があったらぜひトライしてください。病み付きになる美味さです。

スポンサードリンク





海外旅行グルメ[ゲテモノ編]

蜘蛛(タランチュラ)の唐揚げ孵化しかけの家鴨(あひる)のたまご犬の焼肉・犬の兜焼きコオロギの唐揚げタガメの唐揚げ芋虫(いもむし)の唐揚げ蛙(かえる)の唐揚げコブラのステーキニシキヘビのステーキワニのステーキ焼きカブトガニ亀虫(かめむし)のふりかけ蟻(アリ)の卵のスープイグアナの丸焼き


海外旅行グルメ[珍味編]

キャビアフォアグラのソテードリアン




海外旅行持ち物リスト海外一人旅基礎知識海外旅行記海外旅行おすすめ本旅人プロフィール海外旅行情報リンク